MP7000スキャナスケール

繁忙な店内で最高のレジ精算スピードを達成して、ロスの削減と収益性を保護

MP7000は大容量POSレーンのスタッフと買い物客に優れた精算体験を提供します。この次世代マルチプレーン1D/2Dイメージャは、新次元のスキャン性能とシンプルさを実現し、有人レジとセルフレジにおいて史上最速の精算を可能にします。オプションのカラーカメラにより、生鮮食品の認識、ロス防止など、幅広い用途が可能になり、カスタマーエクスペリエンスがさらに向上し、セルフレジで最大限の満足度を達成できます。スマートな投資となるMP7000は、パーツや構成部品数の少ない保守が簡単な設計により、最大の稼働時間と最少の電力消費量を可能にすることで、他社にないTCO(総所有コスト)を実現します。さらに、Zebra独自のソフトウェアエコシステムであるDataCapture DNAが標準をはるかに上回る性能を実現し、デバイスの耐用期間が終わるまで、スキャン作業のあらゆる要素を簡素化します。

MP7000スキャナスケール

高速のレジ精算性能

どんなに混雑しているレジでも比類のないスキャン性能を発揮

スムーズなレジ処理を可能にして1シフトあたりの処理量を増加 Zebra独自のPRZMインテリジェントイメージングテクノロジーにより、レジスタッフとセルフレジの買い物客は、汚れたり破損しているもの、印刷不良や真空包装されているバーコードを含め、電子的なものでも印刷されたものでも、ほぼあらゆる1D/2Dバーコードを即座にキャプチャできます。

大容量スキャンがレジ精算スピードを最大化

スワイプするだけでOKのクラス最大のスキャン容量を提供するMP7000は、レジスタッフの生産性と買い物客の精算体験を向上します。

カスタマーサイドスキャナが生産性を向上

オプションのサイドスキャナを導入すると、レジ作業を遅らせることなく、買い物客がモバイルクーポン、ロイヤルティカード、衝動買い品を同時にスキャンできます。


POSでのイノベーション

オプションのカラーカメラが多機能性と価値を増強

オプションの2.3メガピクセル高解像度カラーカメラが大きなビジネスメリットをもたらす、新たな用途を可能にします。生鮮食品の認識用途では、生鮮食品を識別して商品を効率的に選択できるようにすることによって、より簡単で迅速なセルフレジを実現できます。ロス防止用途では、カメラを利用して疑わしい取引を突き止め、商品に対応する正しいバーコードがスキャンされたか確認できます。さらに、カラーカメラにより、このような用途を支えるために必要な画像データベースを容易に構築できます。

非デコードイベントによる減耗の低減

MP7000のセンサーに基づく非デコードイベントにより、どの商品が、スキャナの視界を通過したがバーコードのスキャンが行われていないかを特定できます。


MP7000なら、繁忙な店舗でのレジスタッフや買い物客のレジ精算体験の速度と質を最大化できます。

MP7000の詳細についてはをご覧くださいwww.zebra.com/mp7000

この機能により、レジスタッフがうっかりスキャンし損なった場合はもとより、買い物客がセルフレジで商品の支払いを免れようと、スキャナの回避を企てた場合でも、見破ることができます。このような非デコードイベントを検知した場合、MP7000は他のPOS機器とともに、POSシステムに警告やビデオを提供するので、適切なリスク軽減措置を講じることができます。

選択可能なラベルIDでホストのスキャン制限を排除

バーコードのタイプが原因でホストがラベルのデータを受け付けない場合、レジでバーコードを利用するメリットが減ります。そこで、選択可能なラベルIDを利用することにより、QRコードをCode 128にするなど、コードをPOSシステムが認識できるバーコードタイプに変換できます。

Digimarc®の統合サポート

どの角度からでもDigimarc対応パッケージをスキャンできるので、迅速な小売決済を促進し買い物客の待ち時間を削減します。

文書スキャナとして2倍の働き

オプションのカラーカメラはレシート、公共料金請求書、システムにない商品などの高品質画像を素早く簡単にキャプチャできます。

インテリジェントな照明

MP7000の照明装置はスキャンゾーンに商品がある時にだけ作動します。照明は埋め込み式で実際には見えないので、レジ係や買い物客の目にも優しい構造です。


DataCapture DNA、スキャナに組み込まれている優位性

組み込まれた英知がスキャンプロセスのあらゆる段階に対応

50年以上のイノベーションの実績を誇るパートナーが開発し、改善してきた機能を活用してスキャンできます。Zebraはスキャンのプロセスを他社よりはるかに理解しています。だからこそ、一連のソフトウェア機能であるZebra DataCapture DNAをすべてのスキャナに組み込み、貴社のチームが将来のニーズに適応し、業績を拡大できるようにしているのです。迅速なアプリ開発、デバイスの自動検知とプログラミングによる迅速な配備、車両管理の簡素化などを実現しましょう。

これまでにない管理機能

ZebraのMP7000に無料で提供される強力な管理ソフトウェアにより、スキャナ、スケール、ハンドヘルドスキャナなどの接続されている全周辺機器を含む、ソリューション全体のリモート管理が容易です。

スキャナのあらゆる要素について最新の洞察

ロギングエージェントのリモート診断機能がスキャナ資産情報、稼働状況/統計情報、構成設定値、バーコードデータの記録を自動化し、イベント検証、ブロックチェーントレーサビリティ、パイロットサイトの投資対効果(ROI)生成、トラブルシューティング、予測型の全デバイスに対するトレンド分析に必要な情報を提供します。

多数の中から1つのバーコードだけを出力

ZebraのPreferred Symbolと併用することで、MP7000は目的のバーコードだけを読み取って出力できます。したがって、スタッフがスキャンする前に周りのバーコードを覆い隠したりする無駄な手間がなくなります。

スキャントリガーを1回押すだけで、最大20のバーコードを読み取り可能

MDF(マルチコードによるデータ書式設定)が可能なMP7000は1回のスキャンで複数のバーコードを読み取り、必要なバーコードだけを適切な順番でお使いのアプリケーションに送信できます。


業界最高のTCO(総所有コスト)

導入しやすさ

MP7000は既存のレジカウンターに容易にフィットするように設計されているので、コスト効率良く最新のPOSテクノロジーをレジに導入できます。

業界最小の消費電力

Zebraのインテリジェントイルミネーションシステムは他社のデバイスに比べて消費電力が最大60パーセント低く、消費電力とコストを大幅に削減します。

優れた耐久性で稼働時間を最大化

ソリッドステートテクノロジーを採用したMP7000は可動パーツがなく、故障が発生しやすい部分が同クラス最少です。メリット 故障を減らし、最大限の稼働率でTCO(総所有コスト)を削減します。

保守が簡単

MP7000は、構成部品とパーツを減らした設計と道具なしで取り外せる上部筐体を採用しています。そのため、より高い信頼性を実現し、ストックする部品数と修理時間が少なくなります。

仕様

物理特性

寸法

ロングスキャナおよびスキャナ/スケール:
20インチ (長さ)x 11.5インチ (幅)x 4インチ (奥行き)x 5インチ (高さ)
506mm(長さ)x 292mm(幅)x 102mm(奥行き)x 128mm(高さ)

ミディアムスキャナおよびスキャナ/スケール:
15.7インチ (長さ)x 11.5インチ (幅)x 4インチ (奥行き)x 5インチ (高さ)
398mm(長さ)x 292mm(幅)x 102mm(奥行き)x 128mm(高さ)

ショートスキャナ:
13.9インチ (長さ)x 11.5インチ (幅)x 4インチ (奥行き)x 5インチ (高さ)
351mm(長さ)x 292mm(幅)x 102mm(奥行き)x 128mm(高さ)

重量 ロングスキャナ:14.6ポンド/6.6kg
ロングスキャナ/スケール:17.6ポンド/8kg
ミディアムスキャナ:12.6ポンド/5.7kg
ミディアムスキャナ/スケール:15.7ポンド/7.1kg
ショートスキャナ:12.1ポンド/5.5kg
スケール

30ポンド、きざみ幅は0.01ポンド/15kg、きざみ幅は5g
最大静止重量:300ポンド/136kg
シングルケーブルおよびデュアルケーブル方式
MettlerおよびBizerbaの料金はかりと互換性

オプション:
0~12ポンド、きざみ幅は0.05ポンド、12~30ポンド、きざみ幅は0.01ポンド
0~6kg、きざみ幅は2g/6~15kg、きざみ幅は5g
シングルヘッドおよびデュアルヘッドのリモートスケールディスプレイ

水平ガラス サファイアガラス、スケールモデルはフリップアップバーを表示
ユーザーインターフェース ソフトタッチの容量性パッド(ボタンではないので破損や摩耗のおそれなし)
大型2色LED
ビープ音:音量と音色を設定可能
4つのプログラマブルボタン
ポート USB/RS-232/IBM RS-485用の共用POSポート1基
USB周辺機器用ポート3基
電源付きRS-232周辺機器用ポート2基
Checkpointインターロックポート
リモートスケールディスプレイポート
電源

POSインターフェースケーブルから12VDC
(USB PlusPowerまたはRS-232)

Zebra PWR-BGA12V50W0WW電源:
90V~264V(110~240公称)、
47~63Hz(50~60公称)

消費電力:
アイドルモード:3.0W(定格)
アクティブモード:5.5W(定格)、6.0W(最大値、照明点灯中のみ作動)
定格消費電力 = 3.5W(アクティブモード18%、アイドルモード82%想定)

動作環境

動作温度 32°F~104°F(0°C~40°C)
保管温度 -40°F~158°F/-40°C~70°C
湿度 20%~95%(結露なきこと)

イメージング技術

種類 マルチプルCMOSアレイイメージャ
照明 インテリジェントイルミネーション、商品検出システムによる制御
側面読み取り/スキャン範囲 あらゆる平面上の線形および2Dバーコードの読み取り
1Dバーコード 2 of 5 (Interleaved、Discrete、IATA、Chinese)、Bookland EAN、Code 128、Code 39 (標準、full ASCII)、Code 93、EAN128、EAN-13、EAN-8、GS1 DataBar (Omnidirectional、Truncated、Stacked)、GS1 DataBar Expanded coupon、GS1 DataBar Limited、GS1 DataBar Expanded (Standard、Stacked)、JAN 8、JAN-13、MSI/Plessey、TLC -39、Trioptic Code 39、UPC-A、UPC-E、UPC-E1、2-digit Supplementals、5-digit Supplemental、Codabar、Pharmacode (Code 32)
2Dバーコード Aztec、Datamatrix、MicroPDF417、MicroQR Code、PDF417、QR Code、Han Xin
Digimarc Digimarcバーコード

カラーカメラ

解像度 2.3メガピクセル
フレームレート MP7000スキャナ使用時45fpsの画像キャプチャ同期
インターフェース 業界標準USB 3 Type-C
照明 白色LED
向き 横または縦
画像形式 JPEGおよびBMP
オプション カメラは内蔵タイプまたはアドオンキットとして注文すると道具なしで簡単に現場で設置可能です(2020年および将来のモデルで利用可能)。

ユーティリティおよび管理

123Scan スキャナのパラメータのプログラミング、ファームウウェアのアップデート、スキャンしたバーコードデータ、スキャン統計、バッテリの稼働状態、アセットデータの表示、およびレポートの印刷を行います。
www.zebra.com/123Scan
SymbolスキャナSDK マニュアル、ドライバ、テストユーティリティ、サンプルソースコードを含むフル機能のスキャナアプリケーションを生成。
www.zebra.com/scannersdkforwindows
SMS(スキャナ管理サービス) Zebaのスキャナを遠隔で管理し、その資産情報を要求。
www.zebra.com/sms

盗難・損失防止

EAS Checkpoint対応:
オプションのケーブルによるCheckpointインターロック
Sensormatic対応:
Zebraのデジタル台秤:広い計量エリアを実現する内蔵型水平・垂直デジタル台秤

周辺機器およびアクセサリ

カスタマーサイドスキャナ(携帯電話の画面のバーコードやロイヤルティカード、衝動買い品などのセルフスキャンが可能)、ポールディスプレイ、スケール

保証

Zebraのハードウェア保証条項により、材質または製造上の欠陥に対するMP7000の保証期間は出荷日から1年間とします。保証条項の全文については、
www.zebra.com/warranty

推奨サービス

Zebra OneCare Select、Zebra OneCare Essential、Zebraの保守認証プログラム(第三者による修理のための予備部品の購入を許可)

脚注

仕様は予告なしに変更される場合があります。

DataCapture DNA

Zebra DataCapture DNAは、組み込まれたアプリケーションでスキャナを強化し、導入、管理からスキャナ群の最適化、統合、セキュリティまで、デバイスが最大限のパフォーマンスを発揮できるようにします。DataCapture DNAとその適用の詳細と用途については、以下をご覧ください。
www.zebra.com/datacapturedna
MP7000スキャナを拡張するMobility DNAのアイコン:123Scan、マルチコードによるデータ書式設定、Preferred Symbol、PRZMインテリジェントイメージング、遠隔診断、リモート管理、スキャナ制御アプリケーション、SDK(ソフトウェア開発キット)

市場と用途

用途

  • 識別と認識
  • 棚卸減耗の削減
  • ロス防止:商品確認
  • 年齢確認画像データベース収集サポート
  • 顧客によるセルフレジ
  • ロイヤルティアプリ
  • ドキュメントキャプチャ

小売環境

  • スーパーマーケット
  • ハイパーマーケット
  • 量販店
  • ディスカウントチェーン
  • ウェアハウスクラブ(会員制倉庫型店舗)
  • 100円ショップ
  • 小売店のセルフレジシステム
Zebra Footer Japan

ZEBRA、ZebraヘッドグラフィックおよびZebra Technologiesのロゴは世界の多くの国々で登録されたZebra Technologies Corporationの商標です。その他の商標は全て、それぞれの所有者に帰属します。©2022 Zebra Technologies Corp. and/or its affiliates.

12/13/2021 HTML